訳あり商品 シールチェーン 520SRX2 82%以上節約 QXリング

シールチェーン 520SRX2(QXリング)

5547円 シールチェーン 520SRX2(QXリング) バイク用品 バイク部品 駆動系 5547円,multidimensionstudios.com,520SRX2(QXリング),シールチェーン,バイク用品 , バイク部品 , 駆動系,/Dovyalis190358.html 5547円 シールチェーン 520SRX2(QXリング) バイク用品 バイク部品 駆動系 シールチェーン 520SRX2 82%以上節約 QXリング シールチェーン 520SRX2 82%以上節約 QXリング 5547円,multidimensionstudios.com,520SRX2(QXリング),シールチェーン,バイク用品 , バイク部品 , 駆動系,/Dovyalis190358.html

5547円

シールチェーン 520SRX2(QXリング)

◎シールチェーン [QXリングチェーン]
主に520-530の標準のシールチェーンで採用した低価格で高品質の標準的なQXリングチェーン。
EK独自のQXリングは、Oリングチェーンに比べ50%フリクションを減らし、しかも50%耐久性を増しています。
・長寿命を保証するソリッドブシュ
・高耐久ソリッドローラ
・四方かしめピン
・特殊合金プレート
・軽量化のための内プレート穴採用
・特殊PTFEグリースは粘着力に優れ、耐摩耗性向上に貢献
■EKチェーンは今や主流となったシールチェーンを世界で最も早く開発したパイオニアです。そして今は画期的にチェーンの寿命を延ばしたQXリングを採用しています。
・フリクションを大幅に低減させ、エンジンのパワーを無駄なく後輪へ伝えます。
・軽量化と剛性向上。しなやかさと瞬発力を合い持った性能。
中でもプレート穴あき(実用新案)は軽量化だけでなく放熱効果amp;排泥効果もあり、チェーンの寿命にも貢献していいます。
・初期伸びを大幅に低減。
・かしめ工具不要(実用新案)。スクリュージョイントでチェーンの接続が可能。10mmのレンチとプライヤーがあれば十分です。
・ドラッグレース専用チェーン(世界最強)をラインナップ。
日本ではまだ馴染みは少ないドラッグレースにおいて海外では高い評価を受け、世界のトップライダーがEKの630SHBを愛用。


シールチェーン 520SRX2(QXリング)

初期延びもほとんどなく3千キロ走ったが調整の必要も無い。今まで使用したドライブチェーンの中では最高です。今後は我が家のバイクはすべてEKを使用しますね。
27000�q使用したチェーンもグリスアップなどでなんとかごまかして乗っていたが、波打ちなどが数か所できてきたので交換を決意。スクリュージョイントに少し不安があるもののメーカー比較ではカシメと同等とのことであったのと作業もカシメに比べ簡単であったので満足しています。ただし!ジョイントを締めこむ際は説明書どおりに作業しないとネジ部分がダメになります。メガネやスパナを使用す際は長いものを使用して締めこむとトルクが強すぎて締め込みすぎる可能性があるので短めを使用し、硬くなったところでとめ前後のプレートとつらいちになっているか確認し足りなければ少しずつ締めること、私は締めすぎてネジがダメになる寸前でした。
ノーマルチェーンを約20,000km使用しての交換になりました。メンテナンスはマメにしていたのですが、ノーマルが所々片伸びをしていたので交換しました。過度な期待はしていなかったのですが、やはり新品の転がりは多少は違います?(燃費の差も加速も誤差程度)錆対策も踏まえ、シルバーメッキな色を購入したので、カスタムした感はほとんどないのは嬉しい誤算でした。なお、スクリュージョイントを選んでもプレート圧入に工具が必要な為、カシメタイプを選択しましたが、作業は難しくはありませんでした。良品だと思います( 'ω')/
古いバイクのサビサビのチェーン交換用に、異音もなくなりスムーズで乗り心地もアップ

Headlines ヘッドライン

Museum Week 2022ー予想外が待っているー

,

2022年度入学式を執り行いました

, , ,

Topics トピックス

Global Gate 早稲田大学の国際活動

Page Top

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて